体験談 3

50代 女性  会社員

今回のブリージングセッションの以前に、他のセッションを受けさせていただいていた際に、ハートチャクラのあたりに手がくると痛みを感じていました。その痛みは手を置かれる度に発生していました。かなり痛いので、前もって手が来るのがわかる時は、手がやってくる前から痛みを予想して避ける様にしてしまいました。

今回のブリージングセッションは”松果体活性化を目指せる”とのことを、セッション体験者からも聞き、お願いをしました。

体験し最も驚いたのは、その「胸の痛み」が消える瞬間があったこと。

また、そのトリガーは、物やコト(その時の私の場合はハートチャクラの痛み)をとらえる起点を、”目の奥の松果体らしき位置にもっていくこと”だったことです。

セッション前半は、どうしても痛かった胸のあたりが「松果体からみる」という言葉のアシストにより、意識を変えたことで、全く痛みがなくなったのです。ガイドはそのことを、チャクラの痛い原因を”思考意識ではなく松果体意識で捉えたから”と言っていました。それによりどんなメリットが発生するのかは未だ模索中ですが、経験は明確に記憶に残っています。

ゆっくりした呼吸と意識の移動。

思考から外れること。

これからもう少し回を重ねたら、面白いことがさらに起こるのではないかと思っています。

 

貴重な経験、有難うございました。

関連記事