呼吸の幕開け

呼吸が浅い方は、ほぼ、横隔膜が動かず胸部の上側から肩にかけての筋肉を使って、胸を上に持ち上げるように息を吸い込んでいます。中には、吸い込む時に横隔膜まで上げてしまっている場合まであります。これでは、はいの面積がとても少なくなってしまい、さらに肩周りが緊張しっぱなしになってしまします。

果たして、この呼吸の状態で心と身体がリラックスするでしょうか?

呼吸法は色々あります。ヨガでの呼吸や、武道での呼吸、スポーツに適した呼吸、この場合の呼吸は必要だからその呼吸が存在しているので、その時は切り替えてその呼吸をしてください。しかし、1日の中でその呼吸が必要な割合は少ないはずです。そのほか大半の時間は、どのように呼吸していますか?

この、日常での基本となる呼吸の仕方を、”瑠璃の呼吸 その一 二段階の呼吸”でお伝えしています。

”上部胸式呼吸”の方が”二段階の呼吸”をやり始めた時、今までとは全く違う身体の使い方をするので、戸惑ってスムーズにいかないのですが、意識して取り組むことで比較的早い段階で慣れてきます。慣れてくると、余分な力がいらなくなるので、胸部の上側から肩まわりの筋肉の緊張がなくなり、とても楽に呼吸ができるようになってきます。今まで、上に上に空気を吸っていたのが、下に下に根をはるような呼吸に切り替わっていくので、身体も心も安定していきます。

身体の状態と心の状態は、映し鏡ですから、”上部胸式呼吸”を続けていると物質的な欲を手に入れたとしても、”どこか満たされなく、苦しい”状態が続くのです。中には、”どこか満たされなく、苦しい”状態を改善するべく、心や精神の方からアプローチをしてきた方も多くいると思いますが、心や精神には、100%に近いぐらい”本人の思考癖”が関わっていますので、ここへのアプローチは迷路に深く深く入っていってしまうことになるのです。

これでは、いつまでたっても楽にはなりません。

ですが、”身体の状態と心の状態は映し鏡”なので、身体の使い方(呼吸)を変えていくことで、心まで変わっていくのです。ですから、先ずは”二段階の呼吸”を覚えていきましょう。

それが、あなたの呼吸の幕開けです。

関連記事