体験談 5

RURIの呼吸ワークを受けて  50代女性   レゾナンスヒーラー

 

松果体を感じながら2段回の呼吸は、うっかりするとどこかに意識が偏ってしまって、中々上手くいかなかった。時間があっという間に過ぎて行きましたが、ワークの終わりかけの頃、それはそれはそれはもう至福の感覚に包まれた。

同調し、自然と両手が広がった。

周波数は全く目に見えず、人間は感じ取ることもできず、にわかに信じがたい事柄かもしれない。周波数を扱う仕事をしている私は、日頃地球から出るシューマン波の波動も流すけれど、一度も『あ!これこれ♡』と感じたことはない。その見えない感じ取れない周波数(何の周波数かわからないけれど)を、ウーハーを使って人間に感じ取れるようにしてくれた。地球の愛とも言える振動が心地よくて心地よくてとても気に入った。ずっと浴びていたいと思った。

 

そしてワークをしている間に、

『雑草はどうしてアスファルトの隙間からでも綺麗な花を咲かせられるのか?』

の擬似体験をする事が出来た。

植物:『それは地球の周波数にいつも包まれてエネルギーを受け取り心地よく成長しているんだよ』
私:『なるほど!この感覚か!そうだったのか~!!』

これは昆虫から見た植物。

この様に違う種から観ると、同じ地球に住んでいても全く違う世界なんだと思う。

 

人間が感知できる周波数はとても限られている、蛇は赤外線で物質を感知する、コウモリも、イルカも人間とは違う感知を持っているし、犬や馬は人間よりも遥かに高い周波数の音を感知する事ができる。”見えるものだけ、聞こえるものだけ”が真実と生活をしている人間は、そこにあっても全くスルーしてしまっている世界があるということを、忘れているのかもしれない。

地球の愛の周波数に同調すると、エネルギーが上がる、病んでいるところが癒されると直感でわかった。私は週1で通院し腰に鍼を打っているが2日も経つと重痛さが戻ってしまう。しかしワークを受けた後は鍼を受けたかのように腰が楽になった。

 

呼吸が整うと酸素が全ての臓器に行き渡り軽くなる⁈

 

体の内側からとても楽になった。もう2日経っているが腰はまだ軽い。(ワークの後、さらに腰に腰椎の調整をしてもらったのも大きいと思う)

 

意識的に2段回に呼吸をする事のワークで感じた事は、普段から私はなんて呼吸が浅かったのだろう。。。

 

ワークを終えて家に帰った時、寝たきりの相棒犬の横にゴロンとしたら、お互いがうっとり⁈ほんわか見つめ合って、”普段は人の方が上です”と認めてる犬なので、顔を近づけてきたりは全くない子が、私の手をペロペロ舐めたり、顔を顔に近づけてきたり、なんだろう、お互いが心地よい繋がってる感覚になった。多分私の波動を感じて、犬も同調したんだと思う。手も美味しい匂いがしてたらペロッとしにくることはあるが、今回のペロペロは、労るとか、愛してますの様なペロペロだったから感動した。

この感覚をキープしていきたい。

そして、呼吸を整えることの重要性を1人でも多くの人にお伝えしたい。

地球はいつでも愛の周波数を発してくれている。それをキャッチするのかスルーするのかは研ぎ澄ました感覚と呼吸なんだと思う。

 

この様なチャンスをくれて有難うございました。

関連記事